水槽の3ヶ月後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

水槽を立ち上げてだいたい3ヶ月後となります、水草をブッ込んでいたのですが、ネットで買う水草は軟弱でした。

水草

チャームでハイグロフィラとマツモを買ったのですがハイグロフィラはほぼ消滅、マツモはオールドワン並に生い茂ったのですがあんまり好みじゃなかったのでリストラしました。ミナミヌマエビを生体で導入したのですが両方ともガジガジされました。その後ヘアーグラスを植え付けてこちらは良い感じに生い茂ってます。

http://www.tenpa.jp/wp-content/uploads/2018/01/img_7990.mov

まあ、野坊主に生い茂れば良い派なのでとくにトリミングもせずに行こうと思います。あと昨日、市ヶ谷のフィッシングセンターに行って3種類水草買ってきました。かなり生育状態が良く安いのでおススメです。

真ん中のアマゾンソード以外名前忘れました。

生体

ミナミヌマエビ

チャームで100匹買いました、どうせ死ぬしということでかなり多めに買ったのですがやはり死に絶えて行きました。しかし、残った選別個体が子供を産み、秋葉原の水に合った個体が生き残ったようです。これが進化なのですね。

アフリカンランプアイ

1月5日にチャームで買いました、オトシンクルスが欲しくてセットで買ったのですがなかなかかわいいです。20匹いたのですが、現在十数匹で死んだ者はミナミヌマエビが処理しているようです、生態系が出来ています、基本的に趣味というのは人が神を模倣する事だと思っているのでうまく行っているという事です。

オトシンクルス

藻対策ですが、昔からプレコよりオトシンクルス派だったのでオトシンクルスを買いました。ヘアーグラスの中や水槽の奥の方にいるので良くわからないですが3匹買って3匹共に元気そうではあります。

グッピー

昨日、市ヶ谷のフィッシングセンターで3ペア買ってきました。なんか昔よりオスメス見分けがつかないんですが、これペアなんでしょうか?

好評につき売切れです

カワコザラガイ・プラナリア・ミジンコ

ミナミヌマエビしかいないはずの水槽にカワコザラガイとプラナリアとミジンコが!この閉鎖系の水槽にどこから入ったのか?おそらくミナミヌマエビと水草からなのでチャームからの贈り物だと思ってます。最近はピンセットでつまんで潰して餌にしてます。

設備

二酸化炭素

昔やってた、飽和砂糖ゼリー+酵母でやってます。効果は謎ですが水草が少ないと藻が大量発生します。水中に二酸化炭素は混ざっているようです。

USB赤青ライト・虫撃退LEDライト

USBで接続する赤青ライトは植物の育成を促すそうです、他には虫撃退機能、青色LEDで誘って電気ビリビリで殺すやつを取り付けています。基本は白色モードでライトアップで使っています。Wifiでコントロールできるプラグを買って間にはさみました、スケジュールやリモートオンオフ可能で色々応用効きそうですがせっかく二酸化炭素添加しているので24時間つけっぱなしです。

配信カメラ

iphone5が余っていたのでネットワーク配信カメラと化しました。このmjpgをSeqDownloadで定期的にダウンロードしてタイムラプス映像なんか作っています。水草の繁殖がわかって楽しいです。

ネットワーク配信カメラ

最後に

熱帯魚の飼育は完全に趣味ですが、いじっている最中が一番楽しいですね。熱帯魚も自作PCも作っている時間をお金を出して買っている、プラモデル等に通じる趣味だと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す